今や当たり前の言葉になっているソーシャルメディアですけれども、ソーシャルメディアとはなにか?と言われるとわからない人も多いかもしれません。比較としてオウンドメディアというものがあるのですが、こちらを比較をするとわかりやすいでしょう。オウンドメディアというのは自社のサービスや自社だけでニュースを作ったりすることができるものであり、ソーシャルメディアはいろいろな人が関わってできるものなのです。

その例として日本では昔はmixiであり、今ではFacebookやTwitter、LINEといったものがあります。mixiも今でもまだまだ利用している人はいるみたいですけれども、基本的には他の3つに動いてきているようです。中でもLINEの勢いはすごく、多くの人がLINEを使うようになっています。若い人たちはLINEを交換するほうが、電話番号やメールアドレスを交換するよりもメジャーだと言われています。

じゃあこのソーシャルメディアがどうして友達作りに役立つか?という点を考えてみると、ソーシャルメディアがなかった時代を考えてみるとわかりやすいと思います。ソーシャルメディアがなかった時代、その時には掲示板に「私は~~と申します」というように、連絡先と自分自身が誰なのかを書いて友達を募集するということしかできませんでした。今でもこれはLINEの友達募集などで使われています。

しかしソーシャルメディアが出てきてからというもの、こちら側から友達になりたい人を探してフォローし、友だちになるということが簡単になりました。Twitterの中、Facebookの中で条件を指定して検索をすることができるようになったからです。もちろん登録も簡単ではじめるのも簡単になりました。昔のように掲示板に書き込む以上にスピーディーに情報が広がるようになったのです。

今はソーシャルメディアが使えるというのはひとつ、イベントを簡単に作ることができるというのも大きな違いです。イベントを作って大きく拡散することができるので「飲み会イベントやります!」と言って多くの人を集めて、友達の輪を広げていくことが簡単になっています。いわゆるオフ会というものになるかと思いますが、このオフ会が簡単にできるのです。これも大きな違いといえるでしょう。

また人々の毎日のことをつぶやいたりすることができるようになり、それが友達やフォロワーに一瞬で伝えられるようになったのも大きいでしょう。今まではそのような機能を持つサービスはありませんでしたから、多くの人は時間を決めてチャットをしたり、メールがチャット機能代わりだったりしました。それでも1対1でしたが、今は1対多という形で情報を届けられるようになっているのです。

かくしてソーシャルメディアが発展することによって、友達の輪を広げることができやすくなった、というわけです。インターネットの発展によって今ほど多くの人と友達になることができる時代はないでしょう。いい時代になったと思います。

1.ギター大好き恵子ママのお部屋
カフェでのギターライブの情報があり、音楽好きは是非!

2.ちょっと得するホームページ
アフィリエイトのHP作成にちょっと役に立ちそうなサイトです。

3.賃貸&不動産【横浜・鎌倉・茅ヶ崎・藤沢】セルフドア
町の物件検索サイトにしては、いい作りでお勧めです。

4.雨樋工事のポータルサイト『雨樋サーチ』
各地域の情報が載っているので、ブックマークをお勧めします。

5.遺言問題解決ナビ|弁護士や司法書士を検索できる
今すぐ役に立たなくても、いざというとき知っていると便利です。